日本株は小幅反落、原油大幅反落で商社や鉱業株に売り-医薬株は上昇

週末の東京株式相場は小幅反落。原油価格 が大幅反落したことから、国際石油開発帝石ホールディングスなどの鉱業株、三 菱商事などの商社株といった資源関連株に売りが先行している。三菱UFJフィ ナンシャル・グループなどの銀行株、三菱電機などの電機株も安い。半面、武田 薬品工業などの医薬品株、NTTドコモなどの情報・通信株が上昇。東証業種別 33指数は25業種が下落、8業種が上昇。

日経平均株価の始値は、前日比33円36銭(0.2%)安の1万3945円10銭。 TOPIXは同2.41ポイント(0.2%)安の1377.26。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE