NY金(23日):反発、週間では3週連続高-インフレヘッジ需要強い

ニューヨーク金先物相場は反発。週間ベ ースでは3週連続で上げた。エネルギーコストの上昇を背景にインフレヘッジ 策としての金の需要が押し上げられた。

ニューヨークの原油先物相場は週間ベースで3週連続高。22日には一時、 バレル当たり135.09ドルに上昇し、最高値を更新した。金相場は過去1年間 で40%値上がりしている。今年3月17日にはオンス当たり1033.90ドルの最 高値を記録した。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)の金属トレーダー、マッ ト・ジーマン氏は、「投資家はこれまでになく強いインフレ圧力を見逃せなく なっている。この圧力がすぐに弱まるとは考えられない。金の投資妙味はます ます高まっている」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6月限は 前日比7.50ドル(0.8%)高の1オンス=925.80ドルで取引を終えた。週間ベ ースでは2.9%上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE