シカゴ大豆:1週間ぶり反発-アルゼンチンで農民スト再開との見方

シカゴ商品取引所(CBOT)では30日、 大豆先物相場が1週間ぶりに反発した。アルゼンチンで農民らによる輸出税の引 き上げに対する抗議行動が再開されるとの観測が高まり、世界の米国産大豆への 需要が拡大するとの見方が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。