日本株は輸出中心小反発へ、FOMC通過で不透明感和らぐ-様子見も

5月相場入りとなる東京株式相場は、小反 発する見通し。きのうの米連邦公開市場委員会(FOMC)が事前予想通りの 結果となったことで、目先の金利や為替動向に対する不透明感の払しょくから トヨタ自動車など輸出関連やコマツなど好業績銘柄の一角に買いが入りそう。 もっとも、市況下落で商社株は安くなるもよう。引き続き米国の重要景気指標 の発表を見極めたいとして、様子見姿勢から上げ幅も限定されそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。