日本株は輸出中心小反発へ、FOMC通過で不透明感和らぐ-様子見も

5月相場入りとなる東京株式相場は、小反 発する見通し。きのうの米連邦公開市場委員会(FOMC)が事前予想通りの 結果となったことで、目先の金利や為替動向に対する不透明感の払しょくから トヨタ自動車など輸出関連やコマツなど好業績銘柄の一角に買いが入りそう。 もっとも、市況下落で商社株は安くなるもよう。引き続き米国の重要景気指標 の発表を見極めたいとして、様子見姿勢から上げ幅も限定されそうだ。

いちよし投資顧問の秋野充成運用部長は、「FOMCが米国で買い材料と ならなかったことで朝方は弱含む可能性があるものの、国内企業の決算は予想 ほど悪くない」との認識を示唆。きょうもショートカバーラリー(売り方の買 い戻し)が続くだろうとして、日経平均株価の高値を1万4000円と予想する。

シカゴ先物市場(CME)の日経平均先物6月物の4月30日清算値は1 万3930円で、大阪証券取引所の通常取引終値(1万3820円)に比べて110円 高だった。

0.25%の利下げ

米連邦準備制度理事会(FRB)は30日、FOMCの定例会合を開き、 フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25ポイント引き下げ2%に 設定することを決めた。利下げは昨年9月以降で7度目。声明は、利下げを停 止する用意があることを示唆した。新光証券USAの村上実奈子バイスプレジ デントは、「声明で経済の下振れリスクに関する文言を削除したことで、米経 済は後退を免れ、回復に向かうかどうかを見極める時期に入った」と話した。

米商務省が30日に発表した1-3月期の実質国内総生産(GDP、季節 調整済み、年率)速報値は前期比年率0.6%増と、ブルームバーグ調査(0.5% 増)を上回った。米ダウ工業株30種平均は同結果を好感して約3カ月ぶりに 1万3000ドル台を回復した後、FOMCの声明で経済活動の見通しは引き続 き弱いと指摘されたことを受け、下げに転じた。

米景気の先行きに警戒感は依然残るものの、FOMCを受けて米国株や外 国為替市場は大きな波乱とならなかった。東京市場では、景気や企業業績に対 する過度の不安の後退から売買代金が3営業日連続で回復基調にあり、FOM C通過で外部環境の不透明要因がやや和らいだとして、「1-3月の下落の主 役だった銀行、不動産、建設などや、円高で上値を抑えられていた輸出関連株 などが注目される」(いちよし投資顧問・秋野氏)という。

米主要株価3指数の30日終値は、S&P500種株価指数が前日比5.35ポ イント(0.4%)安の1385.59、ダウ工業株30種平均は同11.81ドル(0.1%) 安の12820.13ドル、ナスダック総合指数は13.30ポイント(0.6%)安の

2412.80。

重要指標控える、JTなどが決算

もっとも、米国時間1日には日本株に与える影響が大きい4月の米供給管 理協会(ISM)製造業景況指数、あすは4月雇用統計となお重要経済指標の 発表は続く。景気悪化の状況を確認したいとの見方から売買代金が伸びなけれ ば上値の重さも意識されやすいことから、上げ幅も限定されそうだ。

また、30日のニューヨーク原油先物相場は前日比2.17ドル(1.9%)安の 1バレル=113.46ドルと続落した。米エネルギー省が発表した週間在庫統計で 原油在庫が予想以上に増加したことが懸念されており、市況下落は大手商社株 を中心として資源株に対する業績期待の後退につながると予想される。

きょうの主な決算発表は、10時台に住金物産、11時台には中部飼料、午 後2時台は三浦工業、積水樹脂。取引終了後にはJT、ファンケルなどが予定 されている。

コマツやテルモが上昇公算

個別に材料が出た銘柄では、世界的な資源開発や新興国中心のインフラ整 備で建設機械需要が拡大し、前期連結純利益が過去最高で今期も4.9%増を見 込むコマツが高くなりそう。CLSAアジアパシフィック・マーケッツは、コ マツの投資判断を「UNDERPERFORM」から「OUTPERFORM」に上げている。

今期連結営業利益が前期比1.6%増と堅調見通しのテルモは、日興シティ グループ証券の格上げも支援材料となって買いが先行する見込み。業績順調と 自社株買いの決議も評価されるベネッセコーポレーション、前期連結純利益が 予想を上回ったもようのりそなホールディングスなども高くなるとみられる。

半面、今期連結純利益が前期比28%減見通しの新日鉱ホールディングスは 業績失望から売りが先行しそう。決算発表で収益環境の厳しさが再認識された 東京電力、1-3月期連結純損益が赤字のキリンホールディングス、今期連結 純利益予想が市場予想を下回ったセイコーエプソンなども軟調が予想される。

--共同取材:曽宮 一恵  Editor:Shintaro Inkyo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川 敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Nicolas Johnson +81-3-3201-8343 nicojohnson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE