FOMC:FF金利0.25ポイント引き下げ-市場関係者コメント

米連邦準備制度理事会(FRB)は30日、 連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会合を開き、フェデラルファンド(F F)金利の誘導目標を0.25ポイント引き下げ2%に設定することを決めた。 決定は8対2。フィッシャー・ダラス連銀総裁とプロッサー・フィラデルフィ ア連銀総裁は金利の据え置きを求めて、議長案に反対票を投じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。