米生保2位のプルデンシャル:1-3月期の純利益は5年ぶり低水準

米生保2位のプルデンシャル・ファイナン シャルが30日発表した2008年1-3月(第1四半期)決算は、利益が四半期 ベースで5年ぶりの低水準となった。投資損失が響き、純利益は6900万ドルと、 前年同期(11億2000万ドル)に比べ94%下落した。

1株当たりの営業利益(投資損失と、上場前に販売した保険契約分を除く) は1.65ドルと、ブルームバーグがアナリスト17人を対象にまとめた予想平均 (1.82ドル)を下回った。

過去25年間で最悪の住宅不況が債券や株式相場を下落させ、生保各社の利 益を圧迫している。米6位の生保ハートフォード・ファイナンシャル・サービ シズ・グループが今週発表した1-3月期決算は前年同期比83%減益。同4位 のリンカーン・ナショナルも純利益が27%減少した。

プルデンシャルのジョン・ストラングフェルド最高経営責任者(CEO) は「われわれは決算結果に満足していない」と説明。「好ましくない金融市場の 状況が、われわれの決算結果に悪影響を与えた」との認識を示した。

同社の株価の年初来騰落率は約マイナス19%。リーマン・ブラザーズ・ホ ールディングスのアナリスト、エリック・バーグ氏は、4日付の顧客向けリポ ートで、商業不動産関連の損失の可能性に対する投資家の懸念が株安の一因に なったと指摘した。

-- Editor: Dan Kraut, Steve Dickson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Josh P. Hamilton in New York at +1-212-617-3510 or jphamilton@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Rick Green at +1-212-617-5804 or rgreen18@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE