米FOMC:0.25ポイント利下げ-声明は利下げ停止の用意示唆(2)

米連邦準備制度理事会(FRB)は30日、 連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会合を開き、フェデラルファンド(F F)金利の誘導目標を0.25ポイント引き下げ2%に設定することを決めた。決 定は賛成8、反対2。ダラス連銀のフィッシャー総裁とフィラデルフィア連銀の プロッサー総裁が政策金利の維持を求めて、反対票を投じた。

利下げは昨年9月以降で7度目となった。声明は利下げを停止する用意があ ることを示唆した。

FOMCは声明で、「これまでに講じた大幅な金融緩和と合わせ、市場の流 動性促進を目指した継続中の措置は、景気が時間をかけて緩やかに成長するのを 助けるだろう。委員会は経済と金融の動向を注視し続け、持続可能な経済成長と 物価安定を促進するために必要なら行動をとる意向だ」と表明した。

9カ月に及ぶ信用収縮とエネルギー価格の急騰で米経済はリセッション(景 気後退)の瀬戸際に追い込まれているものの、金融市場には信頼感回復の兆しが 見え始めている。一方で、過去最高値圏で推移する原油価格や食料コストの上昇 で、インフレ期待は上昇している。FOMCの結果が伝わった直後、株式相場は いったん上昇した後、伸び悩んだ。外国為替市場ではドルがほぼ変わらず。米国 債相場も小動きにとどまった。

スイス再保険のシニアエコノミスト、アルン・ラハ氏は、「FOMCはリセ ッションの深刻化に備えて保険を買い増している」と指摘。「これ以上の利下げ は実施したくないだろう」と語った。

FOMC声明は「金融市場は依然としてかなりの圧迫を受けており、与信条 件の厳格化と住宅収縮の深刻化がこの先数四半期にわたって経済成長を圧迫する 可能性が高い」との認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE