米MBA住宅ローン申請指数:11.1%低下の567-今年の最低水準

全米抵当貸付銀行協会(MBA)が30日発表 した25日までの1週間の住宅ローン申請指数(季節調整済み)は、前週比11.1% 低下し567と、今年の最低水準となった。前週は637.6だった。借り換えと購入が 落ち込みし、同指数を押し下げた。

MBAによれば、借り換え指数は16.7%低下し1905.2。前週は2286.3。購入 指数は4.8%低下し340.1(前週は357.3)と、2003年2月以来の最低水準となっ た。

リーマン・ブラザーズ・ホールディングスのシニアエコノミスト、ドルー・マ タス氏は統計発表前に、「まだ危機から抜け出していない」と述べ、「在庫物 件は一段と不均衡となっている。住宅価格はさらに下落するだろう。消費者にと っては良い話題ではない」と語った。

住宅ローン30年物固定金利は平均で6.01%と、前週の6.04%から低下。また 15年物固定金利は平均5.53%と、前週の5.6%を下回った。変動金利型住宅ロー ンの1年物金利は6.86%。前週は6.93%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE