福田首相:衆院解散は総合的に判断する問題、今は時期ではない

福田康夫首相は30日夕、揮発油(ガソリン) 税などの暫定税率を復活させるための改正租税特別措置法が成立したことを受 けて首相官邸で記者会見し、民主党が早期の衆院解散を求めていることについ て、「一つ一つの課題について解散をしなければいけないということではない。 総合的に判断する問題だが、今はその時期ではない」と解散を否定した。

また、野党が多数派を占める参院で首相問責決議案が可決した場合、内閣 総辞職や衆院解散を考えるかどうかについて問われ、「先のこと。仮定の話をす る必要ない」と述べた。首相発言は以下の通り。

衆院解散について:

「解散を現実的に考えていない。一つ一つの課題について解散をしなけれ ばいけないということではない。総合的に判断する問題だが、今はその時期では ない」

問責決議案への対応について:

「先のこと。仮定の話をする必要はない。その前にまだ時間がある。わたしど もの提案に同調してくれるかどうか、野党の皆さんが考えていることと、ほとんど 変わらないと思う」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE