原油相場の最高値更新は投機などが要因-クウェート石油相代行

クウェートのアリーム石油相代行は30日、原 油価格が高騰し、ほぼ1バレル当たり120ドルまで近づいたことに触れ、投資家の 商品に対する投機と、製油能力の不足が相場高騰の要因だとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。