独VW:主力VW部門の1-3月は利益19%増-中国などの需要増で

欧州最大の乗用車メーカー、ドイツのフォル クスワーゲン(VW)は30日、主力VW部門の2008年1-3月(第1四半期) の利益が前年同期比で19%増加したと発表した。人員削減のほか、中国やブラ ジルの需要増加が寄与した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。