川重:前期純利益18%増、全部門が黒字に-円高で今期予想15%減(2)

国内重工業2位の川崎重工業が30日に発 表した前期(2008年3月期)の連結決算は、純利益が前の期と比べて18%増 の351億円となった。船舶、ガスタービン・機械、プラント・環境部門で増収、 営業損益も改善したことなどが寄与した。今期(09年3月期)は円高や原材料 価格の上昇などが響き、連結純利益が前期比15%減の300億円の見通し。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。