米連邦預金保険公社総裁:サブプライム対策で公的支援拡大を-FT

米連邦預金保険公社(FDIC)のベアー 総裁は、30日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に寄稿し、米政府の サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)危機対策は、高リスク 投資の対象として住宅を保有している借り手ではなく、持ち家に住み続け、住 宅ローンの返済を続けることを望む人々に焦点を絞るべきだと主張した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。