東京外為:ドルがじり安、米利下げ打ち止め観測に疑問も-103円台後半

東京外国為替市場では、午後の取引でドル がじり安。ドル・円相場は1ドル=103円台後半へ値を切り下げた。注目の米連 邦公開市場委員会(FOMC)を控え、利下げの打ち止めが示唆されるかどう かに注目が集まる中、積極的な売買を手控える向きが多く、日中は実需筋や持 ち高調整中心の動きとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。