アジア太平洋地域の債券保有リスクが上昇、ドイツ銀赤字で-CDS

30日のクレジット・デフォルトスワップ (CDS)市場で、アジア太平洋地域の債券保証コストが上昇した。ドイツ銀行 が29日発表した2008年1-3月(第1四半期)決算が5年ぶりの赤字となった ことを受け、信用市場での評価損が増加するとの懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。