キリンH:1-3月期純損益は6億円赤字-原料高、のれん代償却(2)

酒類事業を中心に清涼飲料や医薬、食品事 業などを展開するキリンホールディングスは30日、第1四半期(2008年1-3 月)の連結純損益が6億7500万円の赤字だったと発表した。前年同期は65億円 の黒字だった。原材料の高騰、飲料子会社キリンビバレッジなど主力品の販売数 量減、豪ナショナルフーズ社の買収に伴うのれん代の償却が響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。