4月の英住宅価格、前年比で96年以来初の下落-ネーションワイド

英住宅ローン会社4位のネーションワイド・ ビルディング・ソサエティが30日発表した4月の英住宅平均価格は、前年同月 比で1996年以来、初の下落に転じた。信用収縮で不動産購入向け融資が減少し ていることを反映した。

同社によれば、4月の平均価格は前年同月比1%下落の17万8555ポンド (約3640万円)。前月比では1.1%下落と、エコノミスト予想の倍のペースで の下げとなった。

信用市場の混乱に伴い融資基準が厳格化され、新規住宅ローンの承認件数 は少なくとも9年ぶりの低水準となった。

ネーションワイドのチーフエコノミスト、フィンヌーラ・アーリー氏は資 料で、「ローン借り入れが難しくなり、金融市場が逼迫(ひっぱく)しているこ とで、市場の心理が弱気に傾いた」結果、住宅相場の下落につながったと分析。 年内に最大5%下落するとの見通しを示した。

同氏はまた、景気への影響について「個人消費はこれまでのところ底堅い が、住宅価格の下落が時間をかけて消費にのしかかって来るだろう」と指摘し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE