コマツ:前期の連結純利益27%増、建機需要拡大-円高の今期は5%増

建設機械世界2位のコマツが30日に発表 した前期(2008年3月期)の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前の期と 比べ27%増の2088億円となった。世界的な資源開発や新興国を中心としたイ ンフラ整備を背景に建設機械需要が拡大した。全利益で4期連続、過去最高益 を更新し、6期連続の増収増益。今期(09年3月期)も建機需要の拡大で、連 結純利益は前期比4.9%増の2190億円の見通しだ。

売り上げの8割を占める建設・鉱山機械部門の売上高は前の期と比べ21% 増。主力の米州市場ではサブプライム住宅ローン問題の影響などでほぼ横ばい。 国内市場も小幅増だったが、その他の地域は軒並み高い伸びとなった。この結 果、売上高が前の期と比べ19%増の2兆2430億円、営業利益は同36%増の 3329億円。

今期予想は、売上高が前期比15%増の2兆5800億円、営業利益は同

8.2%増の3600億円、経常利益が同9.6%増の3530億円の見通し。日平トヤマ が連結子会社となり、売り上げは拡大するが、利益の伸びが減速するのは為替 の円高が主因。今期は1ドル=103円の想定で、前期比11円の円高になる。

コマツは同日、日平トヤマを株式交換により完全子会社にすると発表した。 コマツは現在、日平トヤマの発行済み株式の93.79%を保有している。株式交 換は9月下旬の予定で、交換比率は1対0.43。

コマツの株価終値は前営業日比30円(1.0%)高の3150円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE