コマツ:前期の連結純利益27%増、建機需要拡大-円高の今期は5%増

建設機械世界2位のコマツが30日に発表 した前期(2008年3月期)の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前の期と 比べ27%増の2088億円となった。世界的な資源開発や新興国を中心としたイ ンフラ整備を背景に建設機械需要が拡大した。全利益で4期連続、過去最高益 を更新し、6期連続の増収増益。今期(09年3月期)も建機需要の拡大で、連 結純利益は前期比4.9%増の2190億円の見通しだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。