日銀展望リポート:実質成長率は08年度+1.5%、09年度+1.7%

日本銀行は30日午後、白川方明総裁の下 で初となる経済・物価情勢の展望(展望リポート)を公表した。実質GDP(国 内総生産)成長率の「政策委員見通しの中央値」は2008年度がプラス1.5%、 09年度がプラス1.7%、消費者物価指数(除く生鮮食品、コアCPI)前年比 上昇率の「中央値」は08年度がプラス1.1%、09年度がプラス1.0%だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。