韓国電力公社の1-3月期:純利益61%減-燃料コスト上昇など響く

韓国最大の電力会社、韓国電力公社が30日 発表した2008年1-3月(第1四半期)決算は、前年同期比61%減益となった。 燃料コストが上昇した上、政府が電気料金を引き上げなかったことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。