仏サノフィの1-3月:12%減益-後発医薬品との競争、ドル安響く

フランスの製薬大手、サノフィ・アベンティ スが30日発表した2008年1-3月(第1四半期)決算は、前年同期比で12% 減益となった。睡眠薬「アンビエン」(日本名:マイスリー)が後発医薬品(ジ ェネリック)との競争にさらされたほか、ドル安が響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。