卸売株がTOPIX下落寄与度1位、三菱商や住友商の決算に慎重反応

三菱商事が午後に下げ幅を拡大。午後1時 に発表された今期(2009年3月期)連結見通しは純利益が市場予想を下回った。 決算発表後に一時切り返す場面も見られたが、現在は売り優勢で、140円 (4.1%)安の3310円まで売られる場面があった。午前は一時1.5%高の3500 円まで上げていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。