台湾の中華航空の1-3月:赤字幅が拡大-燃料コストの上昇響く

台湾最大の航空会社、中華航空が29日発表 した2008年1-3月(第1四半期)決算は、赤字幅が前年同期から拡大した。 燃料コストの上昇が響いた。

同社が台湾証券取引所に提出した資料によれば、純損失は29億7000万台湾 ドル(1株当たり0.68台湾ドル)と、前年同期の8億600万台湾ドル(同0.20 台湾ドル)から拡大。前期(07年10-12月)は、24億3000万台湾ドルの純損 失を計上していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE