FRB議長、追加措置迫られる公算も-資金調達コスト上昇抑制に向け

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB) 議長は、金融機関の資金調達を後押しする取り組みを強化する必要に迫られる 可能性がある。資金調達コストの大幅な上昇により、昨年12月に導入した金融 システムへの資金供給措置「ターム・オークション・ファシリティー(TAF)」 の効果が薄れているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。