3月の新設住宅着工は6カ月ぶりに減少幅が拡大-持ち直しに一服(2)

3月の日本の新設住宅着工戸数は、マンシ ョンなどの大型建築物の着工が減少したことなどが響き、前年同月比でマイナ ス幅が6カ月ぶりに拡大した。減少は9カ月連続。改正建築基準法の影響で昨 年9月に過去最大の落ち込みを記録して以来、住宅着工は順調に持ち直してき たが、足元では回復に一服感が出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。