中国株(午前):CSI300指数、1カ月ぶり高値-好決算で銀行株高い

30日午前の中国株式市場で、CSI300指 数は1カ月ぶりの高値に上昇。銀行が上げをけん引している。好決算の発表を 受け、政府のインフレ抑制策が企業収益に打撃を与えるとの懸念が後退した。

中国工商銀行と交通銀行は続伸。他行に続く増益決算の発表が好感された。 中国平安保険(集団)は、2008年1-3月(第1四半期)の純利益が前年同期 比24%増加したことを受けて、約1週間ぶりの大幅高。

国泰基金管理のアナリスト、范迪釗氏(上海在勤)は「複数の銀行や平安 保険の決算発表が、企業業績は大幅に期待外れになるとの懸念を緩和した」と 指摘。「今回の決算発表は自信を持てる結果となったが、政府が物価抑制策を加 速するなか、依然として次の四半期の業績を見守る必要がある」と分析した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前日比127.97 ポイント(3.4%)高の3904.92。このままいけば、終値は3月28日以来の 高値となりそうだ。今月は3%上昇し、月間ベースの騰落率は昨年12月以来で 最高となっている。

上場銀行で中国最大手の中国工商銀行(601398 CH)は0.20元(3.1%) 高の6.65元。英HSBCホールディングスが出資している中国の銀行、交通銀 行(601328 CH)は0.29元(2.8%)高の10.77元。中国2位の保険会社、 中国平安保険(601318 CH)は3.95元(6.1%)高の69元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE