三菱地所:前期の純利益11%減、賃貸は好調も米社売却の反動(3)

国内不動産2位の三菱地所が30日発表した前 期(2008年3月期)連結決算によると、純利益は前の期比11%減の870億円だっ た。千代田区丸の内を中心にオフィスビル賃貸事業が好調に推移し、営業増益とな ったが、前の期に米不動産仲介子会社を売却し、特別利益に計上した増益要因がは く落したことが、純利益に響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。