米1-3月GDP速報値は0.5%増に減速へ、5年ぶり低成長に-調査

ブルームバーグ・ニュースが金融機関や調査 機関80社の予想をまとめた調査によると、2008年1-3月(第1四半期)の米 実質GDP(国内総生産)速報値は、前期比年率0.5%増(中央値)と、2002年 10-12月(第4四半期)以来、5年ぶりの低成長になったもようだ。個人消費 や設備投資が低迷し、住宅不況が深刻化した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。