東京外為:ドルがもみ合い、FOMCと米指標で乱高下も-104円前後

午前の東京外国為替市場では、ドル・円相 場が1ドル=104円ちょうど前後でもみ合った。注目の米連邦公開市場委員会 (FOMC)を控え、米国の利下げ局面が終わりに近づいているとの観測がド ルの下値を支える一方、全般的に様子見姿勢が強く、ドルは方向感に乏しい展 開が続いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。