NZドル、豪ドル:対米ドルで下落-景気減速懸念が強まる

30日の外国為替市場では、ニュージーラン ド(NZ)ドルとオーストラリア・ドルが米ドルに対し下落。米景気減速が両 国経済を圧迫するとの懸念が強まった。

NZドルは3カ月ぶりの安値。NZ政府が発表した3月の住宅建設許可件 数が8か月で最大の落ち込みとなったことで、NZ中銀による利下げの可能性 が強まった。豪ドルは、商品相場下落が豪州の輸出利益減少につながるとの懸 念から、今月の上昇率を縮小させている。

TDセキュリティーズの上級ストラテジスト、ジョシュア・ウィリアムソ ン氏は、「住宅市況悪化が意味するのは、もはやインフレの脅威がないというこ とだ。NZ経済に対する期待は弱まっており、NZドルの支えも同様だ」と述 べた。

NZドルは一時、1NZドル=0.7727米ドルと、1月29日以来の安値を 付けた。ウェリントン時間午後1時34分(日本時間午前10時34分)現在、0.7747 米ドル。アジア時間29日遅くは0.7772米ドルだった。4月はこのままいけば

1.4%安と、2カ月連続での下落となる。年初来の上昇率は1.2%に低下する。

NZドルは円に対しては年初来で5.8%安の1NZドル=80円66銭。今月 は2.9%高と、今年初の上昇となる見込み。

豪ドルは1豪ドル=0.9334米ドルと、アジア時間前日遅くの0.9339米ド ルから下落。年初来では6.7%上昇となっている。対円では1豪ドル=97円04 銭と同97円24銭から下落。4月は6.7%上昇と、年初来の下落率を0.6%まで 縮小している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE