IMF理事会:加盟国の出資比率見直しを正式に承認-途上国引き上げ

国際通貨基金(IMF)は29日、加盟国の 投票権に連動する出資比率に関する見直し案を正式に承認したと発表した。途上 国により大きな権限を与えることを目指し、IMFは1年余りにわたり協議を続 けていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。