債券は上昇、米債高や生産の予想比下振れで-5年債は1.2%割れ(2)

債券相場は上昇(利回りは低下)。前日の 米株安・債券高を受けて、買い先行となった。鉱工業生産が市場予想を下回った ことも支援材料となり、先物は一時136円台を回復。新発5年債利回りは1.2% を割り込んだ。その後は、日銀の「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)、 米国の1-3月期国内総生産(GDP)と米連邦公開市場委員会(FOMC)を 控えて様子見となり伸び悩んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。