IOデータ株がストップ高に、円高で仕入れコスト低減-通期予想増額

パソコン周辺機器に強みを持つアイ・オ ー・データ機器の株価が、ストップ高(制限値幅いっぱいの上げ)に相当する 100円(12%)高の914円まで買われた。円高・ドル安の進行を受けて、海外 で調達するストレージ製品の仕入れコストが低減、2008年6月期の連結経常利 益が58%上振れする見通しとなった。好業績を評価した向きから買いが優勢と なり、2006年8月23日以来、約1年8カ月ぶりの水準を回復している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。