金融相:国内証券「財務の健全性にダメージない」-サブプライム損失で

渡辺喜美金融相は30日午前の閣議後の記 者会見で、サブプライム関連損失の拡大で前期決算が赤字に陥った野村HDや みずほ証券について、「財務の健全性に大ダメージを受けているわけではない」 と述べた。その上で、損失処理は市場の「疑心暗鬼を回避する良い道」として 金融機関に適切な対応を促した。

一方、ドイツ証券が国内の機関投資家に販売したサブプライム関連を含む 証券化商品の時価をずさんに算出していた疑いがあるとの一部報道に関しては、 一般論として「値付けでいいかげんなことをやっていたのであれば許されるべ きではない」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE