米JPモルガン:ベアー・スターンズ社員3人をエネルギー部門に起用

米銀3位のJPモルガン・チェースは米証 券会社ベアー・スターンズとの統合を進めるなか、ベアーの社員3人をエネル ギー・グループに起用したことが29日明らかになった。

内部文書によれば、ロブ・コーゼン氏は北米短期電力部門、パット・スト レンジ氏はデリバティブ(金融派生商品)を除く北米天然ガス部門、ショーン・ オニール氏は北米タームパワー部門をそれぞれ統括する。これらベアー出身の 3氏は、北米電力・ガス取引担当責任者のフォスター・スミス氏の直属となる。 同内部文書の内容は、広報担当のブライアン・マーチオニ氏が確認した。

スミス氏はエネルギー・グループの共同責任者、キャサリン・フラックス 氏とポール・ポソリ氏の直属。両氏はベアー・スターンズの買収を通じ、エネ ルギー部門の拡張を進めている。JPモルガンによれば、同行は商品取引、特 にエネルギー事業の拡大を目指している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE