東京外為:ドルが104円挟み、FOMC控え様子見-利下げ余地見極めへ

午前の東京外国為替市場では、ドル・円相 場が1ドル=104円ちょうどを挟んでもみ合っている。前日の米国株の軟調推移 を受け、朝方はややドル売り・円買いに圧力がかかる場面も見られたが、海外 時間に注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、積極的な取引には踏 み込みにくく、全般的に様子見姿勢の強い相場展開となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。