日銀の警戒姿勢は変わらず、金利正常化復帰も当面なし-東短・加藤氏

東短リサーチの加藤出チーフエコノミスト は28日付のリポートで、日本銀行は米国の金融システム及び経済の先行きに対 して警戒的な姿勢を変えていないと指摘した上で、株式市場の楽観論や消費者 物価指数(CPI)の上昇に乗じて「金利正常化」路線に復帰する可能性は当 面低いとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。