【個別銘柄】ソフバンク、TDK、大和証、不動産、ユニチャム、帝人

30日午前の日本株市場における主な材料 銘柄の動きは以下の通り。

ソフトバンク(9984):一時4.4%高の2145円。30日付の日本経済新聞 朝刊によると、中国のインターネット大手「オーク・パシフィック・インタラ クティブ(OPI)」を傘下に収めることでOPIと合意した。約400億円で 株式の40%を取得、経営権を握るという。

松下電器産業(6752):一時10%高の2355円。09年3月期の連結純利益 が前期比10%増の3100億円になる見通しと発表。原材料高や米景気後退懸念、 価格競争など厳しい経営環境の中、薄型テレビやデジタルカメラなど主力製品 の拡販に努める。ブルームバーグ・ニュースが調べたアナリスト5人の純利益 予想中央値2704億円を上回った。

TDK(6762):一時4.4%高の7150円。今期(09年3月期)の連結純 利益が前期比9%減の650億円になる見通しと発表。ドル安・円高や景気減速 などを背景に減益を見込む。想定為替レートは平均1ドル=100円とした。ブ ルームバーグ・データによると、アナリスト19人の純利益予想中央値617億 円を上回った。

エプソントヨコム(6708):一時4.5%高の375円。三菱UFJ証券は30 日、投資判断を「3(市場平均並み)」から「1(強いアウトパフォーム)」 に引き上げた。

大和証券グループ(8601):一時3.8%高の1017円。08年3月期の第4 四半期(1-3月)連結業績によると、最終損失は129億円の赤字(前年同期 は258億円の黒字)。米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問 題による市場混乱を受けトレーディングをはじめすべての収益が悪化した。四 半期ベースの赤字は5年ぶり。

三菱地所(8802)、住友不動産(8830)、三井不動産(8801):菱地所は 一時4.8%安の3000円まで反落。クレディ・スイス証券は28日、3銘柄の投 資判断を従来の「中立」から「アンダーパフォーム」に引き下げた。

OKI(6703):一時5.8%高の219円。高付加価値機種のオフィス向け プリンタが好調だったほか、消耗品の販売も増加し、08年3月期の最終損益 は30億1800万円の黒字(前の期は364億4600万円の赤字)となった。従来 予想は5億円の黒字。09年3月期の連結業績予想は、5月下旬をめどに開示 する予定という。

ユニ・チャーム(8113):一時3.6%高の7170円。海外向けなどが伸び て08年3月期の連結純利益は前の期比11%増の166億8300万円と過去最高 益となった。野村証券金融経済研究所では、投資判断を「3(中立)」から 「2(買い)」に引き上げ。

帝人(3401):一時5%安の401円。08年3月期の連結純利益は前の期比 63%減の126億円となったもよう。従来予想は300億円だった。連結子会社で ある米国合弁会社などの減損処理を行い、特別損失として244億円を計上した。 期末配当も従来計画から2円減額し、3円50銭とする。

富士重工業(7270):一時6.3%安の434円。08年3月期の連結業績は、 国内販売が落ち込んだ上、巨額の減損損失を特別損失に計上したことなどから、 純利益が前の期に比べて42%減の185億円。今期(09年3月期)純利益は、 為替の円高や原材料・諸経費増などから前期比46%減の100億円を見込む。

住友金属鉱山(5713):一時7.8%安の1890円と急反落。08年3月期連 結純利益は前期比9.3%増の1378億円と、過去最高益。銅市況の高騰で、海 外鉱山権益などが寄与した。一方、09年3月期は同34%減の910億円を見込 む。鉱山会社との銅鉱石価格交渉で、住友鉱側の取り分である製錬加工賃が引 き下げられるのが響く見通し。

TOTO(5332):一時7.1%安の860円まで続落。競争激化や原材料価 格の高騰などで利益率が悪化しており、今期(09年3月期)業績は2期連続 の減益となる見通し。昨年6月に施行された改正建築基準法の影響で新設住宅 着工戸数の減少が続くなど、同社を取り巻く収益環境の厳しさを嫌気した売り が先行した。

秋田銀行(8343):一時6.8%安の453円と急反落。28日の取引終了後に、 08年3月期の連結純利益見込み額を従来の51億円から前期比29%減の35億 円に減額。資金運用収益は増収となる一方、株式市場の低迷で有価証券の減損 処理を実施、与信関係費用も当初計画から上振れる。サブプライム関連の有価 証券は保有していない。

佐田建設(1826):一時29%高の71円と急騰。28日の取引終了後に08 年3月期の連結純利益見込み額を前奇異72%増の5億2500万円と、従来の2 億1000万円から増額。工事原価の圧縮による完成工事総利益の増加、一般管 理費の削減などが寄与。また最終利益ベースでは、事業整理損失引当金の戻入 も効く。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE