大阪チタニ株が反落、想定外の減益予想を嫌気-会社計画は慎重の声も

大阪チタニウムテクノロジーズの株価が 急反落。会社側は、償却費負担の増加などを理由に2009年3月期は3.6%の営 業減益になると見込んだ。大幅な増益を予想する向きが多かっただけに、売り が先行し、一時480円(6.5%)安の6860円と、7営業日ぶりに7000円を割 り込んだ。ただ、アナリストらはチタン需要がおう盛なため、増益も可能だと 予測、来期にかけて高成長が可能と見る向きも根強い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。