松下電産株が急伸、主力品拡販で最高益へ-「懐」評価で格上げ相次ぐ

松下電器産業の株価が買い気配で始まり、 寄り付き後は一時220円(10%高)の2355円と急伸している。同社は28日、 薄型テレビやデジタルカメラなど主力製品の拡販で今期(2009年3月期)の 連結純利益が前期比10%増の3100億円と過去最高を更新する見通しと発表し た。前期(08年3月期)の好決算と今期予想を受け、アナリストの間では同 社株の投資判断を引き上げる動きが相次いでおり、先高期待が膨らんでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。