「景気は下降に転じた」2割に急増、主要214社アンケート―東京新聞

29日付の東京新聞朝刊は、全国の主要企 業214社を対象とした景気アンケート(4月中旬から下旬に実施)で、日本経 済の景気の現状について「下降に転じた」とみる企業が全体の約2割を占め、景 気の拡大局面は終わったと認識している企業が半数を超えた、と伝えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。