OPEC、増産検討で7月に臨時会合も-ベネズエラのキンテロ元理事

石油輸出国機構(OPEC)は9月に予定 する総会前に臨時会合を開き、増産を検討する可能性がある。ベネズエラの元O PEC理事で現在はコンサルタントのエリオドロ・キンテロ氏が29日、インタ ビューで語った。

ロンドンでのインタビューで、キンテロ氏は「9月よりも前に少なくとも1 回の会合はあるはずだ。時期は7月より後ではなく、夏の休暇シーズン半ばとな るだろう」と指摘。さらに、原油価格が1バレル当たり「10ドル上昇するたび に、警報が鳴る」と語った。

OPEC理事らは先週ローマで開いた非公式会合で、現在予定されている以 上の総会開催の必要性はないとの認識を示している。これに対し、キンテロ氏は OPECが日量「50万バレルといった少量の」増産を検討するだろうと予想し た。

ただ、増産が実施されても原油相場には「ほんの緩やかな」効果しかもたら さないだろうとキンテロ氏は指摘。拡大する需要に対し、「OPECのいかなる 余剰生産能力も十分ではない」と付け加えた。ニューヨーク原油先物相場は28 日、1バレル=119.93ドルを付け、過去最高値を更新した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE