カナダ国債:上昇、安全資産への志向強まる-加ドルはほぼ変わらず

カナダ国債相場は上昇し、10年債の利回り は約2週間ぶりの大幅低下となった。株式相場が下落したほか、大手銀行が米 サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンに関連した損失を発表した ことから、安全資産としての国債への投資が活発化した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。