中国半導体最大手SMICの1-3月期:4期連続の赤字-事業縮小で

半導体ファウンドリー(受託生産)中国最 大手の中芯国際集成電路製造(SMIC)が29日発表した2008年1-3月(第 1四半期)決算は、4四半期連続の赤字だった。不採算のコンピューター・メ モリー事業を縮小したのが響いた。

純損益は1億1910万ドルの赤字。前年同期は880万ドルの黒字だった。売 上高は前年同期比6.7%減の3億6240万ドル。ブルームバーグ・ニュースがア ナリスト3人を対象にした予想中央値では、3600万ドルの赤字が見込まれてい た。

SMICは、DRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモ リー)事業からの撤退を進めており、4月から生産を停止した。過剰供給に伴 う製品価格の下落が背景。現在はゲーム機や携帯電話に使われる特製半導体な ど、ロジックLSIの販売増強に取り組んでいる。

同社によると、1-3月期の売上高に占めたDRAMの割合は12%と、前 期の24%の半分だった。調査会社DRAMテクノロジー・エクスチェンジによ れば、昨年85%下落したDRAM価格は過去最低付近の水準にとどまっている。

SMICの香港上場株の29日終値は前日比5.2%高の0.61香港ドル。決算 発表は同日の取引終了後だった。年初からの騰落率はマイナス26%と、香港ハ ンセン指数(マイナス6.8%)を下回っている。

UBSのアナリスト、ウィリアム・ドン氏の17日付のリポートによると、 SMICは「今後3年間」にわたり赤字を計上する見込み。

-- Editor: Stan James, Neil Denslow

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Joji Mochida 記事に関する記者への問い合わせ先: Mark Lee in Hong Kong at +852-2977-6909 or wlee37@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Young-Sam Cho at +82-2-3702-1639 or ycho2@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE