米オフィス・デポ株が大幅高-1-3月期利益は市場予想ほど減少せず

29日の米株式市場で、事務用品小売り世界 2位の米オフィス・デポの株価が1月以来の大幅上昇となった。同社がこの日 発表した2008年1-3月(第1四半期)決算で、利益がアナリスト予想ほど減 少しなかったことが好感された。

オフィス・デポの株価は前日比1.04ドル(8.7%)高の13ドルで終了。1 月23日以来の大幅な上昇だった。

同社は収益性が比較的高い自社ブランド製品の販売で売り上げ減少を乗り 切り、利益率や収益を押し上げた。一部項目を除いた1株利益はアナリスト予 想平均を7セント上回った。

ソレイユ・セキュリテーズのアナリスト、スコット・ティルグマン氏はこ の日のインタビューで「今回の決算で予想外だったのは主に粗利益率だ」と語 った。

第1四半期の純利益は前年同期比55%減の6880万ドル(1株当たり25セ ント)で、前年同期の1億5380万ドル(同55セント)から減少した。

自社ブランドの紙製品などの販売好調を受け、粗利益率は29.5%(前年同 期は31%)となり、アナリスト予想ほど縮小しなかった。ティルグマン氏の予 想は28%だった。

売上高は前年同期比で減少した。雇用市場の悪化や信用引き締めに直面し ているカリフォルニア州やフロリダ州の中小企業が購入を控えたことが響いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE