ネーソン米財務次官補:銀行間の資金融通、なお「ひずみが残る」

ネーソン米財務次官補は29日、ロンド ンで講演し、中央銀行が流動性の供給に努めているにもかかわらず銀行間の資 金融通には依然として「ひずみが残る」と述べた。

ネーソン財務次官補は、「今の市場がどうなっているかを考察してみると、 実態はさまざまな要素が混在している」と語り、「銀行間の資金融通にはなお ひずみがみられる。証券化市場も大して回復していない」と述べた。

ただ同財務次官補は、クレジット・デフォルトスワップ(CDS)スプレ ッドの縮小や金融株の安定化など、「希望の持てる傾向」も一部にみられると 指摘した上で「これが市場の信頼感向上につながり、銀行は経済成長に必要な 貸し出しを拡大できる」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE