米住宅差し押さえ、1-3月期に倍増-金利切り替えや住宅価格下落で

米住宅差し押さえに関するデータを販売す る米リアルティトラックが29日に発表したデータによると、差し押さえ件数は 1-3月(第1四半期)に前年同期比で倍増した。変動金利型のサブプライム (信用力の低い個人向け)住宅ローンの金利切り替えや住宅価格下落で、売却や 借り換えができず差し押さえに至るケースが増えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。