欧州株(28日):4日続伸、銀行株高い-原油高でエネルギー株も上昇

更新日時

欧州株式相場は4営業日連続で上昇。信用 市場混乱に伴う金融機関の損失がピークを付けたとの見方で銀行株が買われた ほか、原油価格が過去最高値を更新したことを受け、エネルギー銘柄に買いが 入った。

スイスの銀行、クレディ・スイス・グループと、英銀ロイズTSBグルー プが高い。JPモルガン・チェースがリポートで、欧州銀行による評価損は最 悪期を過ぎた可能性があるとの見方を示し、買いを誘った。

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は上昇。同行は、 ABNアムロ・ホールディングの証券部門買収と信用市場での損失の影響で、 約7000人の人員削減を実施する可能性がある。エネルギー銘柄ではノルウェー のスタトイル・ハイドロ、産銅メーカーでは英アントファガスタへの買いが目 立った。

ダウ欧州株価指数は前週末比0.6%高の323.62。年初来の下落率は11%と なっている。

MFCグローバル・インベストメント・マネジメント(ロンドン)の欧州 株式責任者、デービッド・ハシー氏は、「市場が前進するためには、金融株へ のセンチメントが改善する必要がある。これは実際のところ進行中のようだ」 と述べ、「最悪期は過ぎたとのJPモルガンの見方に同意する」と付け加えた。

民間調査会社GfKがこの日発表した5月の独GfK消費者信頼感指数は 予想に反して上昇し、7カ月ぶりの高水準となった。賃金上昇で消費拡大が促 されたことが示された。

28日の西欧市場では、17市場のうち14市場で株価指数が上昇した。ダウ 欧州50種株価指数は前週末比0.6%上げ、ダウ・ユーロ50種株価指数は0.5% 高だった。

クレディ・スイスは2.7%高。ドイツの大手銀、コメルツ銀行は2.2%上昇 した。RBSは1.6%上昇。事情に通じた関係者2人は、RBSが約7000人の 人員削減を実施する可能性があることを明らかにした。

スタトイル・ハイドロは3.8%上げた。油田サービス会社の伊サイペムは

3.7%高。ニューヨーク市場の原油先物相場6月限は一時、前週末比1.2%高の

119.93ドルまで上昇した。

アントファガスタは2.6%上昇した。北欧唯一の銅生産会社ボリデン(ス ウェーデン)は4.2%高となった。同業でスイスのエクストラータも2.2%上げ た。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前週末比1.0ポイント安の6090.4。FTオールシェア 指数は同3.66ポイント(0.1%)上げて3100.86。

ドイツのDAX指数は同28.75ポイント(0.4%)高の6925.33。HDAX 指数は18.17ポイント(0.5%)上昇し3549.89。

フランスのCAC40指数は同34.54ポイント(0.7%)上げ5012.75で終 了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE