松下電産:今期純利益予想は10%増-薄型テレビやデジカメけん引(4)

プラズマテレビ世界最大手の松下電器産業 は、今期(2009年3月期)の連結純利益が前期比10%増の3100億円になる見 通しだと発表した。原材料高や米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅 ローン問題に端を発した景気後退懸念、価格競争など厳しい環境のなか、薄型 テレビやデジタルカメラなど主力製品の拡販で過去最高更新を狙う。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。