スティール米財務次官:住宅業界と経済に「明確な改善」の兆し

スティール米財務次官は28日、米住宅 業界には改善の兆しが見られ、経済にとって最大の脅威となっている住宅問題 に対する懸念が後退しているとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。